ゆくる宮古島 yukuru miyakojima project 2017

島のものづくり

※この情報は2017年4月24日終了時点のものです。最新の参加条件等については直接お問い合わせください。

独特の過程でつくられる宮古の「ものづくり」。昔から受けつがれてきたもの、自然の食材や力を使って生み出されたものが宮古島にはたくさんあります。「ものづくり」の現場を訪れ、それに携わる宮古の人々と言葉を交わし、実際に自分の手で触れることで、その「もの」の見え方が変わるかもしれません。

ものづくりの案内人は生粋の島人。みなさんその道のプロですが、まだまだ教えることに慣れていないので、たどたどしいところもあるかもしれません。それでも「宮古の味と思い出を持って帰ってもらいたい」と、島のものづくり教えています。

「特典」情報について
ゆくる宮古島プロジェクトのリーフレットに付いている特典チケットをご利用店舗・施設にご提示いただくと、一部店舗では特典が受けられます。

工場見学


泡盛工場見学

伊良部島の佐和田の浜近くに位置する小さな酒蔵。渡久山酒造は「常に感謝。そして真心。」をポリシーに、伊良部島のミネラル豊富な地下水が育んだ、風味豊かな泡盛を造り続けている。泡盛製造工場施設内の蒸米機、三角棚、もろみ貯蔵施設等が見学可能。

蒸米機、三角棚、もろみ貯蔵施設等を見学。

事前予約
前日15:00までに電話予約
参加費
無料
所要時間
20分
最少実施人数
1名
最大実施人数
10名
実施可能日
月~金曜
  • 特記事項
    二十歳未満の方は見学のみとなります

【問合せ先】
  • 株式会社渡久山酒造
  • 〒906-0507 沖縄県宮古島市伊良部字佐和田1500
  • 0980-78-3006
  • 10:00~16:00
  • 定休日:土・日・祝祭日

鰹工場見学、周辺案内、試食、お土産など

鰹漁伝来百年余、伊良部島の伝統産業、鰹加工場の薫・味・技術、これまでの物語を紹介&体験できるプログラム。なぜ佐良浜で鰹漁が始まり、栄え、これまで続いてきたのか?沖縄県内で唯一鰹一本釣と鰹加工場が現存する魅惑の島、伊良部島。南洋鰹漁時代(1960〜70年代)に栄華を極めた伝説の漁師町佐良浜。他に類をみない独自の文化と風土に包まれた歴史秘話を工場案内から紐解いてみませんか?

サンマリンターミナルスタート → 佐良浜漁師顕彰碑 → 工場(なまり節ができるまでを事前説明)その他鰹漁の歴史などを紹介、工場内見学(質疑応答)、直売店にて試食、お買い物 → 解散

事前予約
前日17:00までに電話予約
参加費
無料
所要時間
30分
最少実施人数
3名
最大実施人数
10名
  • 特記事項
    なし

【問合せ先】
  • 友利かつお加工場
  • 〒906-0502 沖縄県宮古島市伊良部字池間添249-1
  • 0980-78-5778
  • 11:00~12:00、13:00~14:00
  • http://www.tomorikatsuo.com

味噌造り見学

宮古島の天然麹菌でつくる昔ながらの宮古みそ。「機械に頼らず、つねに自分の手で」にこだわり、つくり続けてきたマルキヨ味噌の宮古みそ。島の自然の恵みから育み、素材を活かした、昔ながらの製法を用いた伝統のみそ造りを見学しよう!

伝統の味噌造りの過程を見学いただきます。

事前予約
電話にて事前連絡の上、日時決定。
参加費
無料
所要時間
2時間
最少実施人数
1名
最大実施人数
5名
実施可能日
9:00~11:00
13:00~15:00
週三日程度(要確認)
  • 特記事項
    なし

【問合せ先】
  • マルキヨ味噌
  • 〒906-0008 沖縄県宮古島市平良字荷川取651
  • 0980-72-1816
  • 9:00~18:00
  • 定休日:日・祝祭日

宮古の織物ナイトサロン『宮古上布と砧うちの世界』

麻織物の最高峰といわれる宮古上布。織りあがった上布は、砧(きぬた)打ちのもとに運ばれます。セミの羽根のように繊細な布は、重い砧で打たれるほどに光を集め、艶やかに輝きだします。重要文化財砧うち伝承者、砂川猛氏の工房を訪ね、ワインやシャンパンを楽しみながら、宮古上布の神髄に触れるスペシャルナイトをご用意しました。

砧うち見学と体験・会話

事前予約
前々日17:00までに電話予約
参加費
10,000円(税込)/1人
所要時間
18:00~20:00
最少実施人数
1名
最大実施人数
6名
実施可能日
土・日・月
  • 特記事項
    集合場所:工房風樹
  • 特典
    オリジナル粗品プレゼント

【問合せ先】
  • 宮古島「ひととき・さんぽツアー」((株)プラネット・フォー)
  • 〒906-0008 沖縄県宮古島市平良荷川取325-11-305
  • 0980-73-7311

農業体験


畑・モリンガの森体験

農村整備事業30年間に宮古島の在来種が減少し、除草剤散布による畑の道路側の野草が絶滅しつつある。少年の頃体験した昔懐かしい味(ポー、野イチゴ、ザウカニ、バンキ、グァバ)を今の子供たちが体験し、宮古島の自然、そして大切な心を次世代に継承。またモリンガ茶(沖縄でしか作れないお茶)を中心に3つの農園がOPEN。

  1. モリンガの森を中心に薬草、イモ類、野菜体験
  2. 絶滅危惧種中心に体験
  3. 花とハーブ&ミツバチ中心、海の見える畑農園
  4. お時間がある方は農園見学後やさいカフェでモリンガ茶など。
事前予約
前日までに電話予約
参加費
大人1,000円
子供500円(税込)
所要時間
90分
最少実施人数
1名
最大実施人数
10名
実施可能日
毎日(雨天中止)
  • 特記事項
    モリンガとは、栄養素が90種類あり、今後加工の用途が多い。自分で収穫体験 ※薬草、草花の知識有。
  • 特典
    モリンガ茶試飲

【問合せ先】
  • 宮古流通企画 体験農園畑番屋
  • 〒906-0012 沖縄県宮古島市平良字西里687-4
  • 0980-75-5000 / 090-1945-6231
  • 10:00~17:00(最終受付)
  • 雨天中止

さとうきび刈り・黒糖作り体験

朝8時30分に「みよし屋」に集合して、全員で畑に移動してキビ刈りを!刈り取ったキビを車に積んで持ち帰り圧搾機で搾る。搾った汁を煮詰めてアクをとりながら昼食タイム。焦げないようにかき混ぜながら煮詰めていき、仕上がった黒糖を型に流し込み終了。最後は楽しくBBQで乾杯!

8:30キビ刈り → キビ絞り → 煮詰め作業 → 昼食 → 黒糖づくり → BBQ

事前予約
前日夕方までに電話予約
参加費
10,000円
所要時間
10時間以上
最少実施人数
2名
最大実施人数
10名
実施可能日
2/23〜3/22
  • 特記事項
    昼食・夕食(BBQ)ドリンク飲み放題(ソフトドリンク・ビール・泡盛) オトーリ体験込

【問合せ先】
  • みよし屋
  • 〒906-0006 沖縄県宮古島市城辺字西里添261-1
  • 0980-77-2011
  • 8:30~22:00

さとうきびの魅力まるかじりの体験プログラム

栽培~加工品製造まで手がける農家が案内!
美味しく・楽しく・学べる さとうきびとバナナの魅力まるかじり体験プログラム
1:有機さとうきび・バナナ畑の案内: 栽培や加工のポイントをお教えします!
2:黒糖作り体験: ①さとうきびを倒して・かじる、②搾って・飲む、③黒糖に焚く、の全工程をまるっと体験!
3:バナナスイーツつくり体験: ①焼バナナ、②スムージー、③スプレッドの最大3種類のスイーツを作って・試食!

事前予約
基本、2日前までにメールにて申込み
※メールをお使いでない場合、電話・FAXでのご予約もお受けいたします
※スケジュール調整ができれば、前日予約もお受けいたします
参加費
3,500円
所要時間
90分
最少実施人数
2名
最大実施人数
6名
実施可能日
毎日9:00~16:30
  • 特記事項

    未就学児無料

  • 特典

    ①弊社商品を15%オフでご購入いただけます ②自分で作った黒糖をお土産に持帰りいただきます ③体験の様子を写真撮影/ポストカード印刷してお土産にプレゼントします ④「さとうきびの魅力丸かじり」リーフレット(A4サイズ4面)をプレゼント

【問合せ先】
  • 農業生産法人㈱オルタナティブファーム宮古
  • 〒906-0305 宮古島市下地与那覇53
  • TEL:090-7205-5199 FAX:03-6868-7804
  • info@alternative-farm.com
  • 9:00~16:30
ゆっくりと、くらすように旅する

【お問い合わせ】ゆくる宮古島プロジェクト事務局 宮古島観光協会空港案内所