ゆくる宮古島 yukuru miyakojima project 2019 は終了しました。

shop info まいぱり宮古島熱帯果樹園~熱帯果樹園カートツアー~

宮古人体験

東洋美しい前浜(まいはま)に隣接する畑(宮古島方言で、ぱり)という意味。ガイドと一緒に園内を巡るトロピカルガイドでは、天然記念物の可愛い宮古馬とも触れ合えます。

また、トロピカルジュースを味わったり、宮古島の自然の中で、都会ではなかなか味わうことのできないゆったりとした時間を過ごしてみませんか?「まいぱり」はこの先どんどん成長します。

今しか見ることのできない「まいぱり」が皆様の良い思い出になりますように。

トロピカルガイドツアー 約25分

【問合せ先】
  • 宮古観光開発株式会社 まいぱり宮古島熱帯果樹園
  • 〒906-0305 沖縄県宮古島市下地字与那覇1210
  • 0980-74-7830
  • 10:00~17:00(ガイドツアー最終時間 16:30)
  • 定休日:水
  • http://maipari.jp/

熱帯果樹園トロピカルガイド まいぱり宮古島熱帯果樹園

事前予約
なし
参加費
1,200円
所要時間
約25分
最少実施人数
7名
最大実施人数
20人
実施可能日
水曜日は定休日、雨天時は中止
  • 特記事項

    ウェルカムドリンク(マンゴージュース)あり

  • 特典

    ガイドツアー参加費割引あり

yukuru reportまいぱり宮古島熱帯果樹園

宮古島で自然を体感!まいぱりで熱帯果樹園カートツアーはいかがですか?

「前浜(まいばま)」に隣接した「ぱり(方言で畑)」である「まいぱり」で熱帯果樹園カートツアーに参加しよう!暖かい南の島ならではの沢山のお花やフルーツ、ジャングルに迷い込んだかのような植物たちを間近に見学。そしてツアーの後半では、沖縄の天然記念物「宮古馬コーナー」で宮古馬とのふれあい体験もできます。

そして…このカート、ハンドルこそ付いているものの、自動操縦!一緒にツアーに回っていた誰もが「おおお!」と興奮していました。まいぱり全体が大きなひとつのアトラクションのよう。とっても楽しい!

お馴染みのパイナップルですが、どのようになるのかを知らない方は多いのではないでしょうか。正解はこれ!

「こちらがシークワサーです」え!シークワサーって黄色に熟すの?!てっきり、ずっと緑色だと思っていました。カートに乗って間もないですが、発見がいっぱいです(笑)。

鈴なりになっているのがパパイヤ。沖縄県ではパパイヤチャンプルーなど、野菜としていただくことが多い。

子供に大人気の宮古馬コーナー!一般的な馬に比べて小さめな宮古馬。優しい目をしていてかわいい~!!この日は餌やり体験をさせていただきました。何の葉っぱだろう?牧草?と思ったらサトウキビだそうです。美味しそうにムシャムシャ食べてる~。あまりの可愛さに「帰りたくない!」と宮古馬コーナーで残留を希望するお子さんもいるそうです(笑)。大きくなったらスタッフになりにおいでー(^^)

カートで移動していたはずなのに「おー!」とか「かわいー!」とか言いすぎて喉が渇きました。そんな時はフレッシュなフルーツを使ったジュースなんていかがでしょう。写真はまいぱりで採れたバナナとスターフルーツを使ったミックスジュース。美味しいー!

喉が潤ったらお土産選び…。農園で採れたフルーツなんていかが?スターフルーツがあまりに立派だったので、大きさが伝わればと手に持ってみたのですが、大きすぎて手がほとんど見えない(笑)。「宮古島のお土産!」とこれをどーんと一個渡したら、きっとびっくり喜んでくれるはず。スターフルーツはヨーグルトと一緒に食べたり、サラダにしたりと、輪切りにすると見た目も可愛くおすすめです!

これはフルーツなのか?!と衝撃を受けたのはアテモヤ。森のアイスクリームと呼ばれているそうです。トロッとした舌触りでとにかく衝撃の糖度!アイスという表現に納得!

熱帯果樹園カートツアー(入園料込)

大人(中学生以上) 1,200円

子供(小学生) 600円

※小学生未満は無料

大人も子供もカートに乗ってわいわい見学しましょう。

お待ちしております!

お問い合わせ

宮古観光開発株式会社 まいぱり宮古島熱帯果樹園
〒906-0305 沖縄県宮古島市下地字与那覇1210
10:00~17:00(ガイドツアー最終時間 16:30)
定休日:水
http://maipari.jp/
ゆっくりと、くらすように旅する

【お問い合わせ】ゆくる宮古島プロジェクト事務局 宮古島観光協会空港案内所